災害については、何度かご紹介してきました。

■防災について考える。震災、自然災害と水、井戸について
■なぜ、井戸水なのか。見直される家庭用井戸ポンプの実態

その中でも今回は、災害時に困った問題点の中で上位だった「トイレ」について、詳しくご紹介したいと思います。

井戸は、災害に強いとされていますが、東日本大震災の時、井戸の水が濁った事象を確認しています。

災害時の飲料水として、井戸が見直されていますが、実際には使えないという事例もでています。井戸があるから、ペットボトルの水はいらない、ではないことを知っておきましょう。

しかし濁った水でも、浄水器を付ければ飲めます。発展途上国のインフラ整備で活躍していますが、これの家庭用があります。ぜひチェックしてください。とはいえ、飲料水は、井戸とあわせて、ペットボトルの水があるといいでしょう。

ちなみに水は、飲み水だけでなく、手洗い用、清拭、洗髪、清掃など、使い道はたくさんあり、井戸は重要な役割を果たせると言えるでしょう。

井戸も電気と手動手動の両方など、常に最悪の事態を想定し、準備することが、安全に毎日を暮らすことにつながります。またその考えを習慣化することが、災害時にあわてずに避難できる、秘訣ではないかと考えます。

災害時に困るのが排泄物トイレの問題。日ごろから想定しておく

■山武市災害用井戸水施工事例

3.11のとき、山武市の公園でもトイレが使えず、大変な思いをしました。そこで「自分の身は自分で守る」、トイレも自力で何とかしましょう。

写真は、災害用排泄ビニール袋。トイレに袋をセットし、中にパッドを入れて吸わせます。または、凝固剤をいれ固め、その後ゴミとして処理します。

しかし、いちいち「災害用」を購入する必要はなく、あるもので、代用できます。震災発生時、自分がどこにいるかわかりません。いつどこであってもいいように、会社ならここ、通勤路ならここなど、行動範囲の場所では、事前にチェック。トイレはここ、食べ物、飲み物などはここと、帰宅難民になり、家に帰る間まで、どうにかなるように、

・ペットボトルの飲み物を少し残す
・チョコレートや飴をいれておくなど
・袋を1枚入れておく

など、日ごろから意識していることが重要です。

避難場所の共有。家族と話し合っていくことがカギとなる

30年以内に大規模震災が起こる可能性は、非常に高いです。井戸の準備と合わせて、自力で1週間~10日分しのげるようにしましょう。また、臨機応変に対応できる応用力、みんなと力を合わせるチーム力、自分だけでなく助け合いの精神で、みんなで乗り越えましょう。

ちなみに、3.11の通信方法で、最も最適だったのは「張り紙」。電気があって当たり前の社会ですが、災害時はすべて動かなくなることを想定し、家族と事前に待ち合わせ場所を話し合ったり、避難訓練をしたり、情報共有をしておくことを強くおススメします。

まとめ

今年もあっという間に1年が経ちました。このように、年を越せるのも、みなさまがたのおかげです。大変お世話になり、ありがとうございました。

風邪やインフルエンザなどに気を付け、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。