昔神奈川県の友達の家に遊びに行ったときのこと。道路で大噴水が起きていました。道路下の給水管が破裂して、噴き出していたのですね。
現場には関係職員が数名しかおらず、交通整理もできていない状態でした。しかし、人がいるということは、連絡が入っているということなので、わたしはササっと通り過ぎましたが、もし、これが誰もいなかったら、どうします?
ここまでの漏水でないにしても、もし、漏水を見つけたら、どこに連絡すればいいのか?実際に連絡しないまでも、へ~っと思っていただけたらうれしいです。

千葉県内の道路で漏水を見つけた場合

千葉県水道事務所 (サイト下の方にお問合せ先があります)
山武市は、載っていません(笑)指定工事店の弊社へご連絡いただければ、対応します。

お金は発生しませんか?

電話で知らせると、”自分にお金を請求されるのでは?”と思って、連絡をしたくないというお話を聞きました。気持ちはわかりますが、請求のしようがございませんので、大丈夫です。故意に破損させた場合などは、現場をみればわかります。ぜひ、そのままにせず、ご一報いただけると幸いです。
水は有限ですので、大切に使いたいですね。

敷地内と敷地外の区別がよくわからない

家の前の道路で漏水していた時に、自分の負担のなのか、市の負担なのか不安になるということ。ここで一番わかりやすいのは、水道メーターをとめることです。
家の外に、家じゅうの水の止水を操作する水道メーターが、地面に埋め込まれて設置されています。それをとめて水が止まるようなら、お客さまのご負担。水が止まらなければ、市の負担です。
水が止まるということは、お客さまの使用している給水管ということですので、当然お客さまのご負担にです。水が漏れっぱなしですと水道料金も加算されますので、至急止めてください。
反対にお客さまのメーターをとめても、水が出っぱなしでしたら、お客さまの家には関係ない道路の給水管が漏水しているということです。
いずれにしろ、漏水を発見したら、指定業者までお知らせください。

まとめ

これから夏にかけて、水道を使う機会が増えてきます。経年劣化により水道管が破損したり蛇口が取れたりなど、故障が増える時期でもあります。
異変を感じたら放置せず、すぐに連絡をすることをおススメします。”傷は浅いうちに”。何かありましたら、小さなことでも結構ですので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
千葉県の水道指定工事店については、詳しく記事にしましたので、よろしければご参照ください。