山武市水道局サイト

給水装置工事事業者について、詳しく説明したいと思います。

指定工事店(指定給水装置工事事業者)とは?

家の水道工事を行うには、「給水装置工事主任技術者」という国家試験の資格保持者が在籍し、市町村に申請、認可のおりた店舗をさします。

山武市で持っているからといっても、千葉市で工事はできない、というものです。

工事はどこからどこまで資格がいるの?

厳密にいうと、パッキン交換一つからです。”パッキン交換は、自分でできるほど簡単”と思ってらっしゃる方が多いようですが、水道の止水栓を止め、給水管から水栓をはずして、パッキンを交換する作業は、決して簡単ではありません。

古い戸建てなどは、給水管が劣化し、破損の可能性もあります。壁の中で破損したら、大元の水をとめて、給水管引き直し工事という、大工事になります。プロに任せることをおススメします。

ホームセンターやネットDIY製品ってどうなの?

日曜大工からDIYへ。お父さんがお休みの日に、簡単なリフォームをするというのがはやり、この言葉が使われるようになりましたね。ご自身で購入したものを自分で交換・整備するのは全く問題ございません。

それを、営利目的で、お金を取るとなると、資格がいるということです。

指定業者が安心な理由

指定業者は、各市町村の水道局に公開されています。逆に悪いことができませんよという証拠です(笑)。いわゆる悪徳業者のように、クレームが多ければ、指定業者からはずされます。なので、水道屋を選ぶとき、どこに頼んでいいのかわからければ、近くの水道屋さん(知っている人)または、指定工事店をススめています。

まとめ

水道は、普段、使えているのが当たり前の生活ですから、特に何も気にしないで生活を送っていると思います。しかし、いざ使えなくなると、とっても困りますよね。

日頃より、もしトラブルが起きたら?とアンテナを張っていると、いざと言うときに役立つかもしれません。

その、いざと言うときで考えれば、弊社の井戸ポンプのススメについて。2011.3.11東北大震災のときに、関東地方では、スーパーでは買い占めがおこり、断水や停電により、一時期殺伐としたそうです。人間、生きるか死ぬかになったとき、どういう行動を起こすのかは、その時にならないとわかりませんよね。

こういうときでも余裕が欲しいところ。新規に井戸を掘る工事もぜひチェックしてみてください。